PC少女リプル

amazon


新カウンター


無料ブログはココログ

最近のトラックバック

私の本棚


嫌われる勇気

アドラー心理学
100万部売れた本だそうだ。
これを参考にして本を作るとなるとどうやって作ろうか?

安易に考えてもダメだし、難しく考えてもきっとダメだろう。

花の慶次

多くは語りません。(というか事情は書きません)

この本は少年ジャンプ連載の時には、読み飛ばしていました。
しかし今、全15巻を読み通してみるとそのおもしろさがわかります。

北斗の拳は泣きましたが、こちらは懐が深くなります。こんな男になりたいと思います。
男が惚れる男を描いた漫画は、本宮ひろし先生と原先生の作品がダントツです。


鴨川ホルモー

この本、最初はおもしろくないです。
単なる大学生活の青春話をだらだらと書いているだけかと思って、一日にちょっとずっつ読んでいたのですが、
ある時から、鬼使いの話になり、そのうち恋愛話になり、合戦になり、気がついたら読むのを止められなくなっていました。

とても不思議な万城目ワールドだと思います。京都を知りたいと思います。このところ関西から出た若い小説家が大学生活をファンタジーにして書いてますが、それがとてもおもしろく思えるのは関東の人間だからではなく、知らないことを教えてくれるからだと思います。

フジテレビで放送した「鹿男あおによし」をおもしろいと思って人は、感性が合ってるはずです。
是非皆さんも万城目ワールドの世界にはまってみてはいかがでしょうか。


«漢検の理事長と決別?

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Google


Amazon


占いモンキー


Yahoo!

  • Yahoo!